■ 探訪記録
岐阜 犬山 一宮 小牧 清洲 名古屋北部 蟹江 名古屋南部 鳴海 大野 刈谷 常滑 半田 河和 師崎 高蔵寺 多治見 瀬戸 猿投山 平針 豊田北部 知立 豊田南部 安城 岡崎 幸田 吉田 蒲郡 佐久島 野田 田原 小坂井 豊橋 老津 二川 三河宮崎 高里 御油 新城 足助 東大沼 三河湖 小渡 猿爪 川ヶ渡 根羽 茶臼山 田口 見出 海老 三河本郷 三河大野 熊 三河富岡 佐久間 横道 伊良湖岬 西尾 明智 仁崎 美濃関 小泉 竹鼻 津島 三河大谷 弥富 寧比曽岳 桑名 飛島 中部 伊平 野間 三ケ日
 行者像の所在図として明治22年愛知縣庶務課地理係発行の「尾參實測圖」を使用することと致しました。
 当時の測量史については、上西勝也氏の「日本の測量史」に詳しく述べられていますが、愛知縣庶務課地理係がどのような測量法で本図を作成したのか詳細は不明です。
 鉄道は未開通の東海道本線(工部省鉄道局の管轄)のみ、明治国道も明治18年に指定が成されたという時期でありました。
 しかし、ここには今は消えてしまった街道や峠が描かれ、何故行者像がそこに祀られたのか、最新の地形図では判らなかった部分が見えてくるような気が致します。

※所在が近接している場合には、重複を避けるため所在表示を意図的に 移動させてあります。ご了解願います。

尾參實測圖について
当サイトでの市町村名表示について

 Copyright © 2006-2017 愛知の行者さま All Rights Reserved.