鴨都波神社分社

 江戸時代、知多半島の沿岸では新田干拓が盛んに行われた。

 「松の緑に蒼海の白波打ち寄る」と尾張名所図会に記された榎戸の防風林は、幾多の被災を乗り越え、今も往時の姿を留めている。
 (常滑市指定天然記念物)

 防風林の辻に建つのは鴨都波神社分社。脇には大乗妙典供養塔が並んで祀られている。

 鴨都波神社は、鴨族が信仰していた神積羽八重事代主命を主祭神とする神社で、崇神天皇の時代、勅命により太田田根子の孫の大賀茂都美命が創建したと伝わる式内社である。

 
役行者は鴨小角とも言われ、鴨族の血を受け継ぐ。
 残念ながら、石像などはないのであるが、前方の石板には鴨都波神社分身歴史傳が刻まれ、そのなかに役行者に関わる記述がある。(以下抜粋)

 中略・・・また修験道の開祖役行者鴨族の子孫で笛吹の職をする尾張族が愛知県に入植した
 其の分家一族が農耕に栄え修行に通ったと云ふ
 吉野、大峰山、葛城詣りの古話傳も当地に在り
 新田開耕者の守護神として海岸に(現在)地に祭れり…中略其の分家一族が農耕に栄え修行に通ったと云ふ
 吉野、大峰山、葛城詣りの古話傳も当地に在り
 新田開耕者の守護神として海岸に(現在)地に祭れり…中略
 もう一人の鴨族の血を受け継ぐ鴨長明とこの大野についての関わりについては、大変興味深いブログがある。
 ブログ「歴史とロマンの町 大野町へ行こう!」をご覧いただくといい。
 常滑市大野町のまちおこしブログ(joyataro氏) カテゴリーは「世界最古の海水浴場の話」
 鴨長明が大野を訪れた際に詠んだ「生魚の御あへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」
 この句の謎を追った展開が実に興味深い。

 Copyright © 2006-2017 愛知の行者さま All Rights Reserved.