鳳来寺山開祖、利修仙人 1
1 2 3 4 5 6




   「この石像は?」の問いに殆どの方は「役行者」とお答えになるはずです。
 これは鳳来町の「鳳来泉温泉スタンド」に祀られた利修仙人像なのです。
 やむを得ないことです。
 利修仙人木像は、鳳来寺寺宝として幾多の火災を遁れ残存しているそうですが、なかなかお目にかかることは出来ません。恐らくは修験者の典型として役行者像を模した像が制作されたのでしょう。

   鳳来寺山開山の祖と伝わる利修仙人は、特に鳳来寺山の麓の湯谷地区、門谷地区では認知度が高く、この地区では「行者」さまとは呼ばず、「仙人」さまと呼ぶそうです。
 勿論、仙人さまとは利修仙人を意味します。